中国「四大料理」

北京・上海・広東・四川の4派

中国大陸の地域代表

中国大陸の4大区分の地域代表とも言えるのが「四派(系)料理」。北京・上海・広東・四川の各料理には、それぞれに特色があります。

四川料理

牛、豚、羊、そして野菜

四川料理の発祥は、四川省です。ここは中国の西部大陸にあり、海はありません。揚子江の上流にあり、気候が温和で自然条件に恵まれているので、土地は肥沃で物産が豊富にあります。したがって、食材には牛、豚、羊を始め、野菜や川魚が多く使われています。

調理の技法と調味にすぐれた特色

大陸地のために、他の料理のような山海の珍味は少ないので、調理の技法と調味にすぐれた特色を持っています。

四川漬けやザーサイ

精進料理も、四川が発祥地と言われています。また、辛味をきかせた漬け物、四川漬けやザーサイ(搾菜ザ・ツァイ)も有名です。

自然条件に恵まれた土地柄

四川は、自然条件に恵まれた土地柄と長い歴史から生まれた成熟した文化などから、調理技術も進み、今日の高級料理へと発展してきたと言われています。

広東料理

欧米の影響

広州料理を生んだ広州は中国の南部にあり、産物が豊富で、早くから国際都市として発達してきました。欧米との交流も早く、その影響を受けて洋風の料理法などが取り入れられ、洋菜やトマトケチャップなども用いられています。

「食は広州にあり」
珍味、ゲテモノ系も

「食は広州にあり」という言葉があるように、天下の美味がここに集まるとも言われていますが、猫、犬、蛇料理を始め、珍味、ゲテモノ、悪食等にかけても有名です。

さっぱり味

素材の持ち味を生かした料理が特色で、油気は少なく、味つけもさっぱりしています。

北京料理

濃厚な妙め物、揚げ物
火力の強い石炭

中国の首都北京の宮廷を中心に発展した料理が北京料理です。火力の強い石炭を使うところから、妙め物、揚げ物などの料理の味が、濃厚なのが特徴です。

ペキンダック

ペキンダック、北京鴨(ペ・ヂヌ・クオ・ヤ)がよく知られています。

上海(南京)料理

日本で最も普及
魚料理

中国の中部にある大都市南京と、その東にある国際都市上海で生まれた料理であり、日本に多い中国料理は、この上海料理です。海に面しているため、魚の料理法が発達し、塩味を生かした調理方法に特色があります。

世界に広まる

中国料理を世界の料理へと広めたのは、この地域の華僑とも言われています。

商品紹介

メニュー

美容

ダイエット

スキンケア&コスメ

エクササイズ

健康

メンタル

ヒーリング

ファッション

アロマ

美ライフ+長谷川桜子食生活講座 All Rights Reserved.